忍者ブログ
# [PR]
2017/11/18 20:46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CATEGORY [ ]
pagetop
# FNS歌謡祭2006、見た? (Dec, 6, 2006, 23:30)
2008/11/10 17:12
この前散歩してた時に、
放送倫理(?)で思ったこと。

放送禁止用語について。







ブルーハーツがメジャーデビューする時の条件

「(放送倫理に関係なく)歌詞は絶対に変えない。」



そう、だから「終わらない歌」の

「終わらない歌を歌おう
 ……扱いされた日々」

の「……」の部分をギターの音にかぶして聴こえなくされている。

ハイロウズの「ガタガタゴー」では

「落ち着かないなら ……吸えよ
 くたびれたんなら ……やれよ」

この場合「……」の部分はピーッという高い音で修正されている。

また、椎名林檎の「依存症」という曲。

「シャーベッツのロゴが溶けている
 黄色い車の名は……」

これも椎名林檎が歌っていないバージョンが公に販売されている。




ブルーハーツファンの人は知っているかもしれないが、「終わらない歌」のあの部分は
「気違い」
となっている。

ハイロウズの「ガタガタゴー」は
「落ち着かないなら大麻でも吸えよ
 くたびれたんならコカインやれよ」
となっている。

そして椎名林檎の「依存症」のあの部分は、回収版では椎名林檎自身が
「黄色い車の名は『ヒトラー』」
と歌っている。




さぁ、ここで僕は気が付いた。

ブルーハーツの「ロクデナシ」という名曲には

「痛みは初めのうちだけ 慣れてしまえば大丈夫
 そんなこと言えるあなたは ヒットラーにもなれるだろう」

という歌詞がある。






ん????


と思った数日後、カラオケに行った。

「終わらない歌を」歌った。


「終わらない歌を歌おう きちがい扱いされた日々」


今までカラオケでも「……」で表記されてたのに!!




なんかずさんじゃない??

適当?

日本の倫理管理について問う。


でも決してヒロトやマーシー、林檎が悪いとは思ってないよ。

彼らは表現した。それだけ。僕は彼らの表現を好む。それだけ。



人様の作品に文句つけて、それに修正かけといて、

僕みたいな一般人に「管理がずさんだ」って思われてる。

僕もあと一年と30分で、世間的に、そんな「大人」に仲間入りするのかぁ。






たとえば曲を作って、歌詞の一部に放送禁止用語があって
放送倫理に引っかかるっつって言いがかり付けられたらこれ言お!

って思った、自他ともに認める極悪消費者:宮川でした。
PR

CATEGORY [ 手記 ] COMMENT [ 0 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
<<一つひとつおもいだすことの重要さ (Jan, 12, 2007) | HOME | さめてもうまい (Oct, 30, 2006)>>
コメント
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]