忍者ブログ
# [PR]
2019/09/23 23:42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CATEGORY [ ]
pagetop
# 美醜
2010/04/28 23:13
”美とは可食性のものであろう、さもなくば存在しないであろう”

これはサルバドール・ダリの「モダンスタイル建築の恐ろしく可食的な美について」の論文の締めの言葉とのことだが、なるほど確かに言い得て妙である。
俗に世間で「美しい」と軽々しく評価されるもののほとんどは、美味しそうだ。
「美味しそう」という表現の定義は個々人によってかなりの差異が見られると思うが、それらは幼き日の実体験に寄るものなどが大きいのかもしれない。
昔食べて美味しかったカラフルのキャンデー、はたまたお母さんのきんぴらごぼうとか。
幼少期の食体験は後の美的価値観に大きな影響を及ぼすものだと僕は考察する。

だけれども現代日本を支配する「人間の美しさ」のほとんどは、「大福」なのではないかと思う。
あるいは、大福が現代日本ではなく僕個人の頭の中で「美」の象徴と化しているのかもわからない。

なぜ「大福」なのか。

単純に白くて柔らかいからである。

僕は大福は大好きである。また雪見大福などは垂涎ものである。
白くて柔らかい物を美しいと思ってしまう。
白くて柔らかくてすべすべしているものは全て美しい。


しかし食べ物は見た目が美しいだけでは、食べ物たる所以はどこにもなくなってしまう。
食べ物は実際に美味しくて初めてアイデンティティを得るのだ。

我々人間も然り、中身が素晴らしくあろうとする物は、相対的に美しい。

役者に話を限定しても、また然りである。




「12人の怒れる学校へ行こう!」
ご来場いただいた方、誠にありがとうございました。
楽しんでいただけたとしたら幸いです。

もちろん、自分の役とも真剣に向き合いましたが、
個人的には「役者とはどうあるべきか」ということを、
とてもよく考えた芝居でした。

外面だけが美しくては、美しいとは言えません。
向上心や謙虚さといった、本物の「ひたむきさ」があって、
人間とは初めて美しいものだと思うのです。
言ってしまえば、そのひたむきささえあれば
外面が美しくなくても、逆説的に美しいのです。

そのへんは僕が語るよりTHE BLUE HEARTSの「リンダリンダ」を聞いた方が早いです。

むしろひたむきでない人間には、美しさなど頭の片隅に置く権利すらない。
そんな腐った心は、煮ても焼いても食えたものではない。



それにしても本当に辛かったです。

いろんな意味で。

ポケモン風に述べると

コーヒーはがまんをおぼえた!

といったところでしょうか。


でもいくら辛い思いをしても

お客様が楽しめるなら僕はなんでもいいです。


ただ、たくさん我慢したので、

何日間か実家に帰ってうだうだします。
PR

CATEGORY [ 12人の怒れる学校へ行こう! ] COMMENT [ 1 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
# 稽古終了
2010/04/19 13:56
全稽古日程終了!!

今週の金曜から本番です、開演しますいよいよ!

「12人の怒れる学校へ行こう!」

12人の怒れる学校へ行こう!



明日は小屋入りです、9:00に阿佐ヶ谷のかもめ座へ…。

お客様第一を念頭に面白いものを作りました!

出演者に知り合いが一人もいなくても面白いはずです!

今週末は是非、阿佐ヶ谷「かもめ座」まで!

仕込みでばたばたしていますが、余裕があれば随時twitterでつぶやいていきます!

なのでFollow me! Follow me!

お待ちしております!!




余談ですが、

この前、敬愛する劇団神馬の印宮さんに

「宮ちゃんのブログよく見てるよ!」

というとても嬉しいお言葉を頂きました。

そのあと、
「よく行くサイトのほとんどがリンクされてるから、すごい便利でさ」
「あんまり更新されないから本文は…」
とか言われましたが、そんなことは関係ないのです。


いつの間にか、印宮さんもリンクされていますね。

こうやって「Friends」欄が長くなっていくのです。







余談中の余談ですが、

僕の髪型は軽い天然パーマがかかっているのですが、

伸びきってしまうともみあげがくるんと前にウェーブし、

高校の頃「マンモス」と形容されたほどです。

このパーマのかかり方が、何かに似てる気がしてならなかったのです。

先日、その「何か」がやっとわかったのです。


これだ!


初期のポッカの顔缶ですね。

「でお前は何が言いたいんだ」と言われてもぐうの音も出ませんが、

終演後の劇場でお会いできたら、上記の件に関して「ぐう」とぐらいは述べたいと思います。



一風変わった、高校生の陪審員12人のお話です。
12通りの思惑が交差する、閉鎖された空間へお越しください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★♧★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

7月3日、じめっとした暑さの残るその夜に、とある高校で事は起きた。
鶏全滅事件ーーー。

捜査は早急に開始され、事件の翌々日に陪審員として集められた12人は、
容疑者:田中太一に評決を下すべく議論を交わす…。


スポコンからツンデレ、かと思いきやデイトレードまである、
陪審“すげえバカ”コメディ!
閉鎖された空間で主張される未成年の陪審を、しかとその目その耳その肌で!

「田中くんはニワトリを殺したのか!?」


▼劇団うえのの本 第01/03回目公演(α×宮川珈琲#Ⅵ)

「12人の怒れる学校へ行こう!」

作:上野憲明/演出:関谷誠



★公演期間:2010年4月23日(金)~25日(日)
23日(金)=14:00〜/19:30〜
24日(土)=14:00〜/19:00〜
25日(日)=13:00〜/17:00〜

注意:開演の10分前までには受付をお済ませください。もし万が一済ませそうにない場合は、ご来場前日までに宮川までご連絡ください。

★劇場:かもめ座@阿佐ヶ谷
(中央線阿佐ヶ谷駅南口から徒歩10分/東京メトロ南阿佐ヶ谷駅から徒歩3分)

★チケット料金(日時指定・全席自由)
前売券:2500円
当日券:2800円
(宮川から手渡しでチケットを購入すると、前売券より200円お安くなります。)

ご予約は
miyagawacoffee@gmail.com
まで!
返信を持って予約完了と致します。

このブログへのコメントでも大丈夫です!

観に来れなくてもコメント欲しいです!

CATEGORY [ 12人の怒れる学校へ行こう! ] COMMENT [ 1 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
# 余裕無き告知
2010/04/09 01:33
「12人の怒れる学校へ行こう!」

文字通り「毎日」稽古しております。

宮川珈琲、スランプに入りました。






でも、ラチカルの「最後の星捕り」でアドニスも

「もう一人の自分を生むんだから、苦しいに決まってるさ」

って言ってたしなー、と思う。

最後の星捕り 予告篇


今夜はパーティーという劇団の赤澤涼太さんと泉政宏さんも出演しています。

僕も本名で出演しています。






さて今は芝居の稽古期間中。

過去の作品を気まぐれに宣伝するのもいいですが、
今現在本題はこちらです。


本番まで2週間を切りましたが、
絶対に面白いものをお見せするとお約束します。

「この内容でこのチケット代は安い!」と
アンケートに書きに来てください。

CATEGORY [ 12人の怒れる学校へ行こう! ] COMMENT [ 0 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
# 見え隠れ
2010/03/27 00:29
美空ひばりをリアルタイムで感じたかった。


とyoutubeで見て思う僕は

インターネットはまだここまで普及していなかったが
美空ひばりを肌で感じられた人たちに比べると

すこしもったいない気がする。




稽古と仕事との毎日で体がなかなか休まりません…。

こんなに稽古しているのだから、

たくさんの人に見てもらいたいと思うし、

たくさんの人に面白いと思われたい。

「あんまり無理しないでね!」みたいなコメント待ってます。

そういうコメント欲しくて書いています。



演出はかなりの数量、稽古をしてくれている。

稽古場を一ヶ所取ることも、きっとそこらへんの自動販売機でジュースを買うことと同じようなことじゃない。


ここから先は(つってもだいぶ前からくらいだけれども)、役者個人の手に委ねられているのだから

と思うと、

図らずとも稽古場でフラストレーションは溜まってしまう。

「宣伝をする責任」というものを感じない役者にお客様はついてきませんよ笑



あくまで宮川珈琲の「悪ふざけ」ですから、この文は。

戯れ言戯れ言、稽古場は和気あいあいですよ


僕は、お客様は大事にしたい。

お客様がいなければ、芝居なんかやる意味がないんですよ。




役者全員、その責任を負っているので

この芝居はとても面白いものになります。

ならないはずがない。

ならなきゃおかしい。

お客様を満足させられない訳がない。

12人が12人それぞれ思惑を抱えて

稽古場でそれをぶつけ合うんだから

3人寄れば文殊の知恵、の4倍です。


皆様、どうぞ「劇団うえのの本」のお客様になってください。

あわよくば、僕のお客様になってください。

ご予約は

real_punk_mods@yahoo.co.jp(宮川珈琲)

まで!

CATEGORY [ 12人の怒れる学校へ行こう! ] COMMENT [ 1 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
# 舞台に出まーす
2010/03/02 15:15
更新していませんでした、最近。


この前買ったTHE BLUE HEARTSのトリビュートCDの12曲目を

以前働いていたバイト先のSVのバンドが演奏していて

気付いたとき大声を上げました。

コバケンのバンド


チェルノブイリという曲の、もともと印象的なイントロに
また別な印象を加えた演奏でした。
ひとことで言えば、とてもよかったということです。

ヒロトとマーシーのファンとして、
Large House Satisfactionのベーシストの知り合いとして
こんなに嬉しいことはありません。

こういった形でヒロトとマーシーと、コレクターズと、ビート・クルセイダーズと共演できるなんてうらやましい。



さて、そんな僕も近況報告ですが

4月の末に舞台に上がります。

公演期間が3日間と相変わらず短いですが、
台本はすでに出来上がっており、本だけでもかなり面白くなっております。

この本をどれだけ面白くできるか、目にモノ言わせてやりますよ。

CATEGORY [ 12人の怒れる学校へ行こう! ] COMMENT [ 0 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
| HOME |

忍者ブログ [PR]